ナビゲーション




学術発表会で受講頂いた方に配布しているアンケートの感想です。掲載許可の承諾を得ている方のみ掲載しておりますが、お名前は個人情報のため控えさせて頂きました。予めご了承ください。
 

 第30回学術発表会 アンケート報告



テーマ:「生体系の水と珪素の関連について」 講師 :中島 敏樹 (日本珪素医科学学会 研究員)

中島先生の講義は、いつも理論の核がしっかりしているので勉強になります。是非とも、世界的な科学誌に論文を提出してもらいたいと思います。 氣と珪素が感能しやすいという事を始めて知りました。生命誕生は、珪素と水が必要だったという中島先生の説が世界の常識になる日が、この学会から始まったのだという歴史的な日になる様ご活躍ください。
学術的に非常に様々な分野が関わる上に、お話が濃密なので理解を一回でというのは難しいけれども、非常に刺激を受けるものだった。本やDVDを用いてついていくべきと思った。 何か人間の生命に関しまして、確実に西洋医学ではおぎなえない部分が進歩している事がわかりました。
精心に問題の有る人にケイ素が効果有る事が非常におどろいた。 生体系の水にも珪素が関係している事が分かり、改めて珪素のすごさが分かりました。
科学的な説明で難しい内容でしたが、どのようにケイ素が作用していくかが分かり勉強になりました。 とても難しかったのですが、体内の水分を変える事で良い結果となる事はわかった。
難解な内容でしたが、大変興味深く聞かせて頂きました。 水の研究は本当に大事ですよね。
水と珪素の関係についてよくわかり、復習して私なりにお伝えしたいと思います。 とても難しい講義で理解にはほど遠い感はありましたが、”生命の根元は水である”という事を改めて感じました。
水溶性珪素の代表的なメカニズムを理解できた。 中島先生の発表は相変わらず難しいですが、少しずつ理解できる様になってきました。DVDで再度勉強が必要だ。
油と水の誘電率が同じだから、油と水が溶ける。…おもしろいと思いました。 難解だが、素晴らしい。
すばらしいお話でした。 ケイ素と生命体の関係性がとても興味深かったです。DVDで聞き直して勉強を深めたいと思いました。
基礎研究の大切さをつくづく感じ、先生のご努力に感謝申し上げます。


テーマ:「藤沼医院における代替医療と珪素の役割」 講師 :藤沼 秀光 (藤沼医院院長/栃木県警察医/医学博士)

弊社も種子法廃止に反対します。アトピーは普通の医院で治らない事が良く分かりました。ホメオスターシスによる治療法であれば、アトピーは治ることを初めて知りました。治らない病気だと思っていました。やはり、論より証拠の臨床を目の当たりにしてビックリしました。ぜひ本を出版して下さい。 色々な症例でわかりやすく説明されたので、体内のさびをとるには、珪素が大切だとわかった。長期的にとり入れる事で健康を保てるとわかり、今後自分のまわりにいる人にも教えてあげたいと思いました。
症例に即した内容で非常に分かりやすかったです。ケイ素のパワーを再認識できました。 メタトロンという治療法を初めて知りました。が、代替医療という言葉は代用みたいにみられているが、今までの日本では、西洋医学が中心であり、それ以外はタブー視されるような現症ですが、それは、治っているかと言えば今の医療機関では患者も治療者も満足出来ていない環境が多々あります。現症の薬づけの医療で、医療費は上昇し、患者自身も満足出来てない世の中を見つめなおす必要があります。資料がとても見やすく、理解しやすかったです。
主要農産物種子法のはなしはショッキングでした。ものすごくアトピーなどの皮膚病が改善されていく写真がとても印象的でした。困っている人がいたら、ぜひ紹介したい医院だと思いました。ケイ素入りトルマランセ欲しいです。 リウマチの症例を聞いて詳しく知りたいと思いました。癌の方は水溶性珪素を25ml~50ml早速伝えます。5期の癌の方を診て来ています。助かっています。
非常にわかりやすく症例を挙げていただき、お客様に喜んで頂けることが増えました。 現代医学には盲点がある。メタテラピーにおどろきました。水溶性珪素もすばらしい。
いろんな臨床事例でご説明いただきました。これからは、ひとつひとつ証明できるとより素晴らしいと感じました。 実例が豊富でいろんな症例がさまざまに示され、目が覚めるようで、もっと人に伝えたいような内容であった。
事例も多く分かりやすかった。代替医療をする先生が増えるといいですね。また、協力者が増えて心強く思います。今後が楽しみです。 水溶性珪素の効果を知りました。
メタトロンの治療とアロマ水。 大変勉強になりました。
分かり易く、実践的でよかった。 医師の臨床データは珪素の説明全般に非常に役立ちます。
とてもわかりやすい発表でした。症例も多く、情報も多く素晴らしかったです。藤沼先生にぜひまた発表していただきたいと思います。ぜひぜひ。 すばらしい発表、日々、努力・実践に感謝申し上げます。


その他・ご感想

第30回学術発表会、先ずはおめでとうございます。10年間と一言で申しますが、大変なことも多々あったと存じます。また次の10年間、宜しくお願い致します。 第30回おめでとうございます。第50回・第100回を迎えられますよう願っています。弊社も共に進んで行けますよう日々精進して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。李先生のヒリアンス・ソビレッジをぜひ表敬訪問して見たいです。どうかお元気で。益々ご活躍される事を望みます。
何より時間が守られたことはすばらしく嬉しい限りです。ぜひ今後とも続けられることを期待しています。スタッフの方がのご尽力に感謝しています。タイムキーパーどうぞよろしく。学術発表時間についても集中力の立場からみて最大60分でいいのでは?座長制を設けてはどうか。 大変勉強になりました。
参加して大変良かったです。 菅野先生のパワーをいただいて励まされた。
DVDが待ち遠しいです。