ナビゲーション




学術発表会で受講頂いた方に配布しているアンケートの感想です。掲載許可の承諾を得ている方のみ掲載しておりますが、お名前は個人情報のため控えさせて頂きました。予めご了承ください。
 

 第29回学術発表会 アンケート報告



テーマ:「珪素の物性 及び 最先端研究動向について」 講師 :立田 真文 (富山県立大学大学院工学研究科准教授/工学博士)

ケイ素の二面性、つまり結晶構造と非晶質(アルモファス)との差異について、その物性を大変分かりやすく聴講させていただきました。 シリカを乗り物にして病巣到達成を向上させ、薬効を高め副作用を軽減させるしくみの考えに、すごく興味を持ちました。早く完成させてほしいと思います。楽しみです。分かりやすい発表でした。
結晶・非結晶についてのより細やかな説明ができやすくなりました。 結晶質と非晶質のお話し、勉強になりました。
毎回わかりやすい明るい学術発表に感謝します。非晶質の重要性が良く分かりました。珪素医科学学会及びAPAに出会えた事が幸運な事だと実感しました。もみ殻シリカからのDDSに提供される事を待ちのぞみます。その為にもumoの粒をコントロールする作業・研究、たいへんでしょうが頑張って下さい。 結晶質と非晶質のご説明がとても面白く聞けました。又、珪藻の芸術家建築家の例えば真に珪藻は科学者であると思いました。又、中途半端な珪素製品は非常に危険である事は消費者の皆様にもキチンとお伝えしたいと強く感じました。
もみ殻シリカについて、理解できました。 umoともみ殻シリカの更なる研究で医原現場での活用を期待します。
結晶性と非結晶の違いと危険性を理解しやすく説明して頂きました。立田先生の、これからの研究課題も説明され”DDS”珪素の更なる向上の研究は、金子会長との共同研究で、どんなに、すぐれた水溶性が完成できるか今後が期待できます。 非結晶、アモルファスの形での吸収が大切である事が分かった。飲用で酸性に傾いたPHをアルカリによせる事ができる。更なる体質改善に期待したい。
ケイ素とシリカのちがい。結晶質・非晶質のことをはじめて知った。 分かりやすかった。話方がうまい。
ケイ素水の植物へ散布した場合の効果はどうでしょうか?


テーマ:「産卵鶏における水溶性珪素の血管、骨の力学的強度へ影響」 講師 :横田 康成(岐阜大学工学部電気電子・情報工学科情報コース教授/工学博士)

血管と骨の人体における医学的知見が、分かりやすい説明で学習になりました。人体での実験はできないので、産卵鶏(換羽後の鶏)を動物実験した結果、動画での実験のようすが大変興味がもたれました。全40羽を使って、水溶性ケイ素に対する血管と骨への影響に関する研究成果はすばらしいです。 静脈の形とか、ひっぱり試験の動画とか、えーっと思うお話をうかがえて楽しく拝聴しました。血管のしなやかさと動脈瘤になりにくいという結果は、大変喜ばしいお話でした。ありがとうございました。
骨、血管強度に関してより細かく結果を発表していただき、お客様への説明がしやすくなりました。 健康や美容の講習会や展示会などで、お客様に珪素の説明をする機会が多くあるので、今回の発表で得た珪素と骨、血管の関係の話を役立てたいと思います。
血管に関するケイ素の効果がわかった。動脈硬化に関する考えがまちがっていたことを知った。 血管が丈夫かつしなやかな結果には驚いた。老廃物の排出(デトックス)と共に今後の予防医学に大いに期待できる。
動脈硬化に対する珪素の効果が素晴らしい事が良く分かりました。血管の弾力性は今後の高齢化に向かう時代、とても意義深い事だと思います。又、骨の丈夫さについては、今後の研究を楽しみにしております。 水溶性珪素による血管と骨のにわとりの実験の結果でしたけれど、血管については、シリカ的弾性は高上があるように思いました。
動脈硬化の検査方法が多種ある事を教えて頂き、大変に勉強になりました。骨の検査方法も多種ある事を教えて頂き、大変に勉強になりました。動脈硬化では良い結果でしたが、骨の結果が低かったので、ぜひ高濃度、又は、骨の状態が良くなる数値を知りたいです。 動脈の弾性係数で丈夫になってしなやかになる結果で珪素の有効性がはっきり分かったので大変良かったと思います。動画もあり、実験方法も分かり良かった。骨については高用量にて、今後も実験を続けて頂きたいと思います。
骨に関する結果が楽しみです。


その他の感想

貴重なお話ありがとうございました。難しいことも多々ありましたが、ケイ素の有用性がよくわかりました。ありがとうございました。 スタッフの方々、いつもご苦労様です。今後も、患者さんの身体を診ながら勉強させて頂きます。
今回もすばらしい発表を聴かせていただきました。ありがとうございました。 有意義な発表会で、とても勉強になりました。
毎回参加させて頂き、少しずつ認識が深まっていっていると思います。先生、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。 質問にありました、人体に入ったセシウムの排出作用(デトックス)の実験、臨床試験が行われる事を強く望みます。
参考になりました。