ナビゲーション




学術発表会でご受講頂いた方に配布しているアンケートの感想です。掲載許可の承諾を得ている方のみ掲載しておりますが、お名前は個人情報のため控えさせて頂きました。予めご了承ください。
 

 第26回学術発表会 アンケート報告



テーマ:「珪素と健康に関わる革新的知見」 講師 :菅野 光男 (医師/医学博士)

何があっても前向きであくなき探究心、そして元気なお姿に感服しました。 シリカ十字星という知見は、人体、生体にとって一番大切な所への珪素の働きを示すキーワードとして理解しやすい考え方だと思いました。先生のように「珪素の力」と心の力でいつまでも健康でありたいと思いました。 腸が一番免疫機能を司っている。腸環境を整えることによって免疫性、内分泌系のトライアングルが整う。食事によって体はでき上がっていることを再確認きました。 
脳科学の分野から、新たな「シリカ十字星」という用語を提唱され、感動しました。特に、大脳辺縁系に存在する「知・情・意」と称される情動システムにケイ素が介在している内容のお話しには、大変興味が持たれました。 発ガン物質の8大 火の用心…大変面白く聞けました。又、ガンに効く食品ピラミッドや免疫系を強化する根本の図、即ち(解毒、排毒、補温食、ムコ多糖、ミトコンドリア各食品、センイ、免疫、多糖体、核酸)更には生体防御の強化法、この辺はもっと詳しく聞きたかったですね。ありがとうございました。
腸の部位をシリカ十字星に置き換えての説明が理解しやすかった。又、食生活を野菜中心の食事に変えて、腸内環境を整えていこうと思います。 発ガン物質(8大 火の用心)を入れない、持ち込まない、使わないをあらためて認識しました。今後は、ガンに効く食品を意識した食生活を心がけたいと思います。 
御高齢とは思えないパワフルな先生でした。東洋医学を勉強しているので通じるところがあり、感動しました。もっとお聴きしたかったです。  いい野菜が免疫を強化する、珪素の中に毒消しがある、水溶性珪素の重要性を再認識。 
今回も勉強になりました。「発ガン物質 8大 火の用心」がとてもわかりやすく応用していきたいと思います。  力強いお話で、食事の大切さを再確認出来ました。 
発ガン物質、ガンに効く食品を見極めて、腸内フローラを育てていきたいと思います。  西洋、東洋の分かりやすいお話。 


テーマ:「からだとミネラル~今話題のケイ素の謎を探る」 講師 :山野井 昇(一般財団法人未来医学財団 理事長)

※注)山野井先生の講演は、特別招聘講演の為DVDの販売はしておりません。ニュースレター第7号にて概要を掲載しております。
尚、ニュースレターは会員様よりお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

山野井先生の「ケイ素でキレイになる!」を読ませて頂きました。この本も解りやすく書かれていたのですが、今日の講演を聞かせて頂き、さらに理解が出来ました。生体物理医学の面、美容の面からの説明も聞かせて頂き、これからの可能性を感じました。  マイナス電子とプラスの関係性が面白い(電子の流れ)。マイナス電子=ケイ素、電子⇒還元力パワーの効果の再確認ができ、ケイ素の大切さを実感しました。 
改めてSiの概要からSiの有用性・必要性を詳しく、分かりやすく講義して頂き、感謝申し上げます。「ケイ素でキレイになる!」も熟読させて頂きましたが、今の講義でより理解が深まったと思います。又、ケイ素の可能性についての話も希望を抱きました。ありがとうございました。 MRIの画像の素は水素であったというのは、初めて知りました。又、体内元素の分布は面白いですね。 96%の元素と電子の素、微量ミネラル、そして活性酸素を消す水素。しかし、水素だけでなく微量元素の数々なくして健康維持ができない事。身体は温度差、電位差で動いている…勉強になります。生命のはじまりは水素とケイ素。ケイ素は半導体。…感謝。
改めて珪素のすばらしさを実感しました。画像やエビデンスも非常に興味深く、多くの方に見て聞かせてあげたい内容でした。   土壌微生物学の立場から見ると、ケイ素には殺菌性はなく、静菌性のあることを本学会で発表しました。ユニークな内容といえば、エステやマッサージのように体内の圧電効果による美容について、大変参考になりました。 
電子とケイ素が密接な関係にあり、美容や健康に大きな影響を与えていることが分かりました。  とてもわかりやすくもっと聞きたいお話でした。体の中での珪素の役割、珪素の神秘を伝えて行こうと思います。次回東京でまたお聞きしたいです。 
美と珪素の関係をとてもわかりやすくお話いただき、楽しかったです。  新たな情報が多く、また今までの知識を確認する意味でも、とても意義がありました。 
大変深く幅広い内容だと思いますので、今後いくつかに分けてお話を伺えたら幸いです。  重要ポイントが多岐に亘り、総括は学びの後に。 
ケイ素の有用性を多方面から知ることがわかった。  分かりやすいSi、H、C、Caの関係。有機ケイ素。 


テーマ:「珪素と内的iPS細胞の最新情報」 講師 :細井 睦敬(クリニック細井皮膚科 院長/医学博士)

ケイ素の含有量の多い松果体と胸腺についての新たな機能とその効果について、大変分かりやすい解説でした。とくに、松果体はメラトニンの分泌だけでなく、成長ホルモンも分泌していること、ケイ素不足による胸腺の萎縮など、生命維持に不可欠なすばらしいお話でした。  マイナス電子の力…赤血球をばらばらにして血流をアップ。ケイ素が成長ホルモンを出す事の大切さがわかりました。 
現実的なお話があり、珪素を扱うにあたって心強さを感じました。  松果体にとても興味があったので、勉強になりました。成長ホルモンとの関係も、もっとお聞きしたいです。 
珪素を飲むとなぜ元気になるのか?の問いの答えが、松果体に吸収され活性化して成長ホルモンが出るのかという理論と、胸腺がふくらんで来るという理論が早く証明される事を望みます。カビの話は興味深い話でしたので今度、詳しくしてほしいと思います。  パワフルの代名詞、細井先生ですね!!実例をすごく沢山もたれているので、説得力が凄かったです。7/31に講演をお願いしているので楽しみです。 
松果体と成長ホルモンの関連が今後、楽しみです。  いつも為になるお話、ありがとうございます。 
珪素がもたらす原子転換に注視します。   


その他の感想

ケイ素の未知なる魅力に感銘を受けました。  先生方の有益な講演を頂き、大変参考になりました。 
会場後方のモニターはともて見やすく助かりました。スライド用の電気の明暗は長い時間だと目が疲れてしまいます。どの先生のお話も興味深く勉強になりました。また参加させて頂きたいです。ありがとうございました。 利益だけの為でなく、沢山の人を健康に美しくなってもらいたい。誠実に仕事をしていきたいです。幸せはなるものではなく、感じるものだと思って仕事をしていますので、幸せと感じれる自分、人づくりをしていきます。 
本日もありがとうございました。五十肩、お伝えします。  スタッフの皆様、いつもありがとうございます。今後共、宜しくお願いします。 
今回も興味深い情報をありがとうございます。   会場全体を暗転にするとメモが取れないので、中間~後ろは照明を少しつけてほしいと思います。 
質疑応答の時間がほしかったですね。