類似品について

類似品とは

類似製法や株式会社APAコーポレーションの原料と同成分を謳った商品や植物性や韓国産の珪素商品です。
これらの多くは安全性が不確かで珪素含有量も商品に表示されている数値より著しく少ない物があるので十分にご注意下さい。


植物性珪素の類似品との違い

植物性珪素を販売する会社が鉱物由来の珪素の発癌リスクなど謳い勧誘を行っているようです。
実際には水溶性である粉塵や鉱物の粉を吸いこむことにより発癌の可能性があるという内容です。完全に水溶性となっているウモは発癌性はなく食品から摂取する珪素と同じで安全でありアモルファス(非結晶性)であるというデータを取得しています。
また、復帰突然変異試験という高レベルまでの安全性試験もクリアしていますのでご安心下さい。



■植物性珪素類似商品との比較こちら(PDF)


その他の類似商品名と珪素含有量の比較

水溶性珪素ウモは、原料調達から製造、商品化まで全て日本で行っている日本製の機能性素材です。 株式会社APAコーポレーションの機能性や安全性データ、日本珪素医科学学会や日本珪素医療研究会のデータを無断で使用し正規品などと謳った類似品が日本国内や海外においてみられますが、水溶性珪素ウモとは異なります。

■類似商品名一覧(一例ではあり全てではありません)(PDF)
現在使用している商品が株式会社APAコーポレーションの原料を使ったものであれば「OEM証明書」が発行されているので販売会社にお問合わせ下さい。

■類似商品の珪素含有量分析結果(PDF)
珪素含有量が商品に記載されている数値より低い物が多くあるのでご注意ください。

                                                出典:株式会社APAコーポレーション